ホーム>ブログ

ブログ

ソルの練習曲Op.44-21

F.Sor/Op.44-21  イ長調 Andante 3/4

イ長調二曲目。こちらもゆったりとしたテンポ。
メヌエットを思わせます。
随所に現れる三連符が優雅さを醸し出しています。        

 

ソルの練習曲Op.44-18

F.Sor/Op.44-18 ニ長調 Marche 4/4

一昨日ニ長調はおしまいと書きましたが、昨日のニ短調を挟んでまだ2曲ありました。

今日のMarcheはマーチ(行進曲)のことです。同時にこの曲はハーモニックスの練習曲でもあります。
ソルのハーモニックスを含む練習曲は難しいものが多いのですが、この曲は比較的やさしくできています。
と言っても、3フレットのハーモニックスはクリアーな音は出しにくいです。

 

ソルの練習曲Op.44-19

F.Sor/Op.44-19 ニ長調 Allegretto 6/8

「狩の曲」または「狩の歌」です。
この場合の「狩」は「それを猟師が鉄砲で撃ってさ」の狩ではなく、ヨーロッパ貴族のスポーツ、娯楽、社交としての「狩」です。
馬を連ねて、猟犬を連れて、ホルンを合図にキツネヤ鹿を追う、現代では許されないセレブな情景です。

 

ソルの練習曲Op.44-17

F.Sor/Op.44-17 ニ短調 Cantabile 3/4

作品44の中では唯一のニ短調。
ニ短調は伝統的にスペイン起源の舞曲、サラバンドやフォリアに用いられることが多い調性です。
本曲も4小節単位のゆったりとした舞曲風の小品です。
前半は暗から明へ、後半は明から暗へ、シンメトリックに構成されていて、たった16小節の音楽の中にもドラマを感じさせます。

 

ソルの練習曲Op.44-16

F.Sor/Op.44-16 

ニ長調3曲目はのどかなアンダンテ(歩く速さ)
後半変化和音を使ったメロディーが実にいいんだな。
ニ長調はこれでおしまい。明日はちょっと暗くニ短調。

 

ソルの練習曲Op.44-15

F.Sor/Op.44-15 ニ長調 Andante 2/4 

ソルの練習曲に音階はあまり多くないのですが、この作品44では時折長い音階を見かけます。
これもソルが教則本としての性格を意図したものかも知れません。
特にこの15番と前回の14番には2オクターブ(15)に渡る下降音階があります。

 

ソルの練習曲Op.44-14

F.Sor/Op.44-14 ニ長調 Tempo di minuetto moderato

さあ今日から明るくニ長調です。
しかし、ここへ来て突然「メヌエットのテンポで,中位の速さ」と言われてもピンときませんよね。
メヌエットは178世紀のフランス宮廷で流行した踊りです。
まあ、「あまり速くなく三拍子の拍節感を持って弾きなさい」くらいに解釈しておきましょうか。
四分音符のアウフタクト(弱起)があります。

 

ソルの練習曲Op.44-12

F.Sor/Op.44-12 ホ短調 Andantino 6/8

 ホ短調2曲目、今日の曲は少し長くて複合三部形式です。と言っても繰り返しを省いたら2分でしたが。
(A)ホ短調二部形式、(B)ホ長調二部形式、(A)ホ短調二部形式です。
昨日の曲は後半にちょこっと平行調ト長調に転調がありましたが、今日は(B)で同名調(同主調)のホ長調にしっかり転調します。
(A)前半は物悲しくはじまり、後半少し悲しみが深まります。
(B)で希望の光が見え、その後半生き生きとした喜びが現れます。
しかし再び(A)に戻り、なにかより悲しみが深まったように曲を閉じます。

 

ソルの練習曲Op.44-11

F.Sor/Op.44-11 ホ短調 Andante 4/4

今日からはホ短調が3曲続きます。ホ短調はト長調の平行調で調子記号はひとつで一緒です。
もの悲しげな葬送行進曲を思わせる曲調です。
後半ト長調に転調して、少し明るさを取り戻しますが、すぐホ短調の悲しみにもどってしまいます。

 

ソルの練習曲Op.44-10

F.Sor/Op.44-10 ト長調 Allegretto 6/8

ト長調の5曲目、これでハ長調とト長調が5曲ずつになりました。
拍子も2/43/44/46/8が難易度を考慮してバランスよく置かれています。
この辺からも教則本として構想されたことがよく分かります。